so - net ブログ「 description 」カ
So-net無料ブログ作成
検索選択

美川憲一新曲『十三夜月』女の情念の一作!三木たかしの遺作に挑む [演歌]




スポンサーリンク



美川憲一が身を焼くような女の情念!三木たかしの遺作に挑む。
C9YalhQV0AAmOhG.jpg引用https://twitter.com/hashtag/%E7%BE%8E%E5%B7%9D%E6%...

美川 憲一(みかわ けんいち )。

生年月日 1946年5月15日 生まれ。

本名 百瀬 由一(ももせ よしかず)。

出身地 長野県諏訪市出身。

レーベル 日本クラウン。

生い立ち
生い立ちは複雑で、母が妻子ある交際相手との間に出産した子供が美川だった。
一人で育てていた母が肺結核を患い、2歳の時に母の姉夫婦に引き取られた。
実の親ではないことを知ったのは中学1年生の時だった。

「2人の母親」を食べさせるために芸能界を目指し、高校を1年で中退し東宝芸能学校に入学。
1964年、第17期「大映ニューフェイス」に合格。

なお、1996年に育ての母が死去。
2006年に生みの母が死去している。

歌手デビュー
古賀政男の指導を受け、1965年、『だけどだけどだけど』で歌手デビュー。
デビューは青春歌謡路線であり、当時は男装・美少年キャラクターであった。

芸名の『美川』は岐阜県を流れる木曽川・揖斐川・長良川の3つの美しい川にちなむ。
美川自身は長野県出身で2歳から東京に住んでおり岐阜とは何の縁もなかったが、
デビュー当時のプロダクションの担当者が岐阜出身だったことから岐阜に由来する芸名を
付けられた。

『川のように息が長く、美しい歌手であるように』という意味が込められている。

1966年、北海道出身で、柳ヶ瀬で流しをしていた宇佐英雄が作詞・作曲した『柳ヶ瀬ブルース』が120万枚を売り上げる大ヒットした。
20111103_shimadashinsuke_09.jpg引用http://pinky-media.jp/I0002240
青春歌謡路線で売出し中の美川にとって演歌である『柳ヶ瀬ブルース』を歌う事にかなりの抵抗があった。
レコーディングの話が来た際、レコード会社に『歌いたくない』と断ったところ『歌えないのならお前はクビだ』と言われてしまう。

クビになるのならやるだけやってみようとこの曲が売れなければ辞めようと思い歌詞の内容を
理解できないまま歌った結果ヒットしてしまったという。

この曲のヒットにより美川はムード歌謡・演歌路線へとシフトを変えていくこととなる。
また『柳ヶ瀬ブルース』は映画化され、美川にとって映画初出演の作品となった。

1967年に『新潟ブルース』発売する。

売上枚数は多くなかったがカラオケで広く歌われるようになり、リクエストランキング1位を
獲得した。

1968年、『釧路の夜』がヒットし45万枚を売り上げた。
『釧路の夜』もヒットにより映画化され、美川も出演をした。
第19回NHK紅白歌合戦』に『釧路の夜』で初出場。

1970年、「みれん町」「大阪の夜」「おんなの朝」と立て続けにヒット曲を出す。
「柳ヶ瀬ブルース」「新潟ブルース」「釧路の夜」とご当地ソングのヒットが続いていたが、「みれん町」のヒットにより
盛り場をテーマにした曲なども発売されるようになり、この頃から曲調が変わっていく。

『柳ヶ瀬ブルース』で第3回日本有線放送大賞特別賞を受賞。

1971年、『おんなの朝』で第4回日本有線放送大賞スター賞・第4回日本作詞大賞大賞を受賞。

11月に『お金をちょうだい』が発売される。
当時としては奇抜なタイトルで話題となったが、当時のNHKでは歌唱禁止とされた。

1972年、『さそり座の女』が発売される。9.7万枚を売り上げるヒット曲となり当時の
星占いブームのきっかけとなった。
『さそり座の女』以降は目立ったヒット曲がなく、1974年の『第25回NHK紅白歌合戦』まで
7年連続で紅白に出演していたが、翌1975年の『第26回NHK紅白歌合戦』で落選した。

1975年NHKホールでデビュー10周年記念リサイタルが開催された。

1980年デビュー15周年記念リサイタルが主要都市6ケ所で開催された。

1984年に大麻取締法違反で2度目の逮捕。判決は懲役1年6か月、執行猶予3年。
大麻事件以降はテレビの出演回数も減り、スナックでの営業や地方の温泉などでの公演が続いた。
51LwQk+Zq+L.jpg引用https://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E5%B7%9D%E6%86%...
一時芸名を『美川けん一』に変更したが、事態が好転することはなかった。

再起

1980年代終盤、ものまねブームのさなか、ものまねタレントの第一人者であるコロッケによる
美川のマネがうけ、1989年正月に放送された『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』で
コロッケと初めて共演をした。

これは男性タレントとしては曲の途中でサプライズで登場する『ご本人登場』の第1号であった。
この時の出演が大きな反響を呼び美川の人気が復活するきっかけとなった。
なお、コロッケによる美川のものまねは、美川からコロッケに依頼したものである。

1990年にちあきなおみと共演した金鳥のCMが話題となり、その後の美川ブームへと続いた。
1991年の第42回NHK紅白歌合戦にも、17年ぶりのカムバック出場を果たし、コロッケとの
デュエットで『さそり座の女』を披露。

1990年、メルパルクホールにてデビュー25周年記念リサイタルが開催された。
(デビュー20周年記念リサイタルは開催されなかった)

1990年に新潟の万代橋の袂に「新潟ブルース」、1991年には柳ケ瀬商店街に「柳ケ瀬ブルース」、 1993年には釧路市に
「釧路の夜」の歌碑がそれぞれ建立された。

ブーム以降も「芸能界のご意見番」などとしてワイドショーやバラエティ番組にしばしば登場し、タレントとしての地位を確保。

彼の歌声はもちろん、毒舌やトーク聞きたさにコンサートやディナーショーにも、中高年女性を
中心とした集客が見込めるタレントとなった。

2度の逮捕で業界を干されていた自身の再起の機会を作ったコロッケに対しては強い恩義を抱いて
おり、大変仲が良く、度々全国でジョイントコンサートを開催したこともある。
265329_m.jpg引用http://review.kakaku.com/review/D0078385701/Review...
美川本人も『どん底から自分を復活させてくれたコロッケには感謝している』と
度々発言している。
コロッケへ豪華なステージ衣装をプレゼントしたことがある。
引用 Wikipedia

私は、長い年月を演歌を歌い、愛してきた人間ですが、美川の歌は歌いやすく又、聴きやすい
歌が多くあります。
自分が好きなのはデビューから1970年頃のヒットした曲が気に気に入っています。
演歌界の大御所の一人として、これからも活躍を期待している。

美川憲一新曲『十三夜月』ご試聴できます。
http://www.uta-net.com/movie/223732/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美川憲一/十三夜月(豪華スペシャル盤)(CD)
価格:1580円(税込、送料別) (2017/4/15時点)





妖しい月影の中に、青白く燃え上がる女性の想いの激しさ、切なさを美川憲一が巧みに表現、
三木たかしの遺作に挑む。

収録曲目
01.十三夜月
02.宇奈月の夜
03.さそり座の女
04.夜の川
05.十三夜月 【オリジナル・カラオケ】
06.宇奈月の夜 【オリジナル・カラオケ】
07.さそり座の女 【オリジナル・カラオケ】
08.夜の川 【オリジナル・カラオケ】






美川憲一の2017年全曲集
収録曲
1. 吾妻橋で待つ女
2. この青空の下で
3. 伝言
4. さそり座の女
5. 淡雪のひと
6. 金の月
7. おんな町
8. 湯沢の女
9. 生きる
10. 赤い鴎
11. 三面記事の女
12. 新潟ブルース
13. 夜のピアノ
14. ネオン化粧
15. 古都情念
16. 柳ヶ瀬ブルース
「吾妻橋で待つ女」「この青空の下で」他を収録した、美川憲一の2017年全曲集。


スポンサーリンク



nice!(165)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 165

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。