so - net ブログ「 description 」カ
So-net無料ブログ作成
検索選択

大崎市民病院が医療ミス? 正常な卵巣を切除!!思い違いで?!! [病院]




スポンサーリンク



大崎市民病院(宮城県大崎市)でことし3月、右卵巣腫瘍摘出の手術で、正常な左卵巣も、両方切除してしまった医療ミスがあった。
img_02.pnghttp://www.h-osaki.jp/about/history.php引用
病院によると、執刀医が両方を切除するものと思い込みが原因らしい。
18日の市議会全員協議会で報告された。

女性は県北部の30代後半の既婚者で、女性は女性ホルモンを補うための通院治療をせざるを得なくされているという。

女性は昨年12月に別の医療機関で右卵巣腫瘍が見つかり、大崎市民病院で腹腔鏡手術を受けた。
事前に右のみの切除と確認していたが、執刀した婦人科医と助手が両方切除と勘違いし
他の人たちもそれに気づかなかった結果、両方切除してしまった。 

3月末に病院の医療安全管理委員会が病院側に責任があると判断、当時の病院長と執刀医らが女性と家族に謝罪した。
病院側は女性に謝罪し、現在、損害賠償などについて協議中という。
 
病院側はその後、再発防止策として、今月5日までに「臓器の左右を確認のための声掛けを何度も行う」など
5項目の再発防止の留意事項をまとめた。

医療ミスの公表の後れについて、病院側は再発防止策を、決めてから公表することを患者側と合意していたと
説明していた。

損害賠償について協議中だが、誠意をもって対応したいとしている。
金で償えるとは思わないが、最大限の補償を誠意を持って対応してほしいと思います。
img_main02.pnghttp://www.h-osaki.jp/引用
余り医療ミスが表面化はしてないが、きっと数多くあるのだろうね。
怖い、どう医療機関を選べばよいかわからない。

だんだん医療機関に対して安心、信頼感が薄れてきているようだ。
コメント

○切除した正常な卵巣を、元に戻してくれれば、ね?
 医師の責任の取り方は、そうでなければならんと思うよ!

○昔々の話ですが、私も全く関係のない放射線治療を長々とやられた事があります。
 間違えた原因は同姓同名だったからとか。
 ただ、歳は全く違っていたみたいで、頭のまともな人がその病院にひとりでもいたら症状と治療法の違いで
 防げただろうに。

○先日、医師の処方間違いがあり薬局に伝え、薬局側も間違いだと認めたのですが・・・その医師は間違いを
 正そうとせずに「二度と来るな」と暴言されてしまいました。
 今回のニュースでの医療ミス・・・発覚するのはごく一部なのでは?と思ってしまい怖くなりました。
 
 命を預かる医療機関の方々にはその自覚をしっかりと持って欲しいと願うばかりです。
 また医師との信頼関係がもっとも大切だなと。
 今回の処方ミス体験はきっと病院を選択する大切さを教えてもらったのだと思います。
 
 被害に遭われた方がお子様を一人でもお持ちだったらと心が痛みます。
 二度とこのようなミスが起こらないことを願っています。。

○もしまだ子供居なかったら絶対許せないだろうな。。
 とんでもない。。
 美に欠かせない女性ホルモンも足りなくなって、しんどいだろうし……

 患者さんの事思うと辛い。

○思い込みでって・・・・。
 バストと卵巣って、女性にとって、特別の意味のある部分ですよね。
 乳癌で乳房摘出した女性で精神的に追い込まれる方も居るって聞きますし。
 誠意を持って対応って次元じゃないですよね。

○手術後にカルテの確認でミスが発覚。
 するなら手術『前』にカルテの確認するのが筋ってもんだと思うんですが…。

○先日、医師の処方間違いがあり薬局に伝え、薬局側も間違いだと認めたのですが・・・その医師は間違いを
 正そうとせずに「二度と来るな」と暴言されてしまいました。
 今回のニュースでの医療ミス・・・発覚するのはごく一部なのでは?と思ってしまい怖くなりました。
 命を預かる医療機関の方々にはその自覚をしっかりと持って欲しいと願うばかりです。

 また医師との信頼関係がもっとも大切だなと。
 今回の処方ミス体験はきっと病院を選択する大切さを教えてもらったのだと思います。
 被害に遭われた方がお子様を一人でもお持ちだったらと心が痛みます。
 二度とこのようなミスが起こらないことを願っています。。

引用 河北新報社

【関連記事】
【カルテ不正閲覧】病院とニチイ学館を提訴
 =_ISO-2022-JP_B_GyRCQmc6ahsoQi5qcGc=_=.jpghttps://plaza.umin.ac.jp/~fskel/cgi-bin/wiki/wiki....引用
プライバシーを侵害されたとして、宮城県内の姉妹と母親が23日、病院と医療事務を請け負っていたニチイ学館(東京)に900万円の
慰謝料を求める訴えを起こした。
大崎市民病院(宮城県大崎市)で、プライバシーを侵害されたとして、病院とニチイ学館を仙台地裁古川支部に
提訴した。

電子カルテが不正に閲覧された、その目的が興味本位であった。

そもそもは、昨年10月に父の家庭内暴力で、左脚にけがをした10代の妹が病院を受診した際に
医師の判断で20代の姉と一緒に保護入院した。
 
ニチイ学館の従業員として病院で働いていた母親が、娘が骨折したらしいので、休暇願を上司に相談したら
上司が、全部わかっているんだよと言われて不正閲覧が発覚したという。
 

病院の内部調査で、病院職員とニチイ学館従業員の計24人が不正閲覧していた
ことが判明している。












タグ:医療ミス