so - net ブログ「 description 」カ
So-net無料ブログ作成

メタボ健診 データ活用できず!厚労省対策放置か!? [健康]




スポンサーリンク



特定健康診査(メタボ健診)などの効果を確かめるため厚生労働省がデータベース化している約90億件の
健診結果や患者情報の大半が、システムの問題で活用できていないことが4日、会計検査院の調査で分かった。
 264938845-1441368260_l.jpg引用
http://b.hatena.ne.jp/entry/264938845/comment/houy...

厚労省は、問題を知っていながら具体的な対策を取らずに、健診結果や患者情報が、活用されない為、1000億円を超す補助金などの
効果検証ができない可能性がある。

厚労省は、検証のためのシステム整備費などは約28億円で、同省はさらに約2億円かけて改修するとのことです。
担当者は検査院の指摘を真摯に受け止め、個人情報が活用できるようにしたいと話している。
 
厚労省は糖尿病などの生活習慣病対策として、2008年度にメタボ健診や特定保健指導を導入した。(40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした
保健制度である)
促進のための補助金は14年度までで計1257億円になるという。
 
健康改善や医療費抑制の効果について、健診や指導の結果とレセプト(診療報酬明細書)の情報を照合して、
18年度に検証するとしていた。
index_photo_barium.jpg引用http://www.tokyorinkai.jp/check/
今年2月末までに、レセプト情報約87億9000万件、健診データ約1億2000万件を収集した。
 
検査院が11年~12年度の実態を調べたら、照合できたデータの割合は12年度で25%、11年度は19%だった。
両年度とも、約3400の健保組合のうち約1400ある企業健保は、ほぼ全てが1件のデータも照合できない状態だった。
 
入力文字の全半角や漢字・カタカナ書きの違いで同一人物と認識しないシステムになっていたためで、入力の統一された
マニュアルもなかった。
tokutei_flow_20.jpg引用http://kempo.recruit.co.jp/member/health/measure.h...
基本的に、システムの内容に問題ありですね。
個人情報保護でデータが暗号化されるため、再照合も困難という。

こんなことで個人情報漏れ無くせるのでしょうか?(不安、心配、絶望?)

引用 時事通信 

コメント〇こういうのが税金の無駄使いといいます。
 もっと、まじめに仕事してほしいが。

○民間がやったら詐欺に近い行為やけど
 税金ならいいんやねぇ

○調査するのは大変だけど、それを役立つように分析するのはもっと大変。
 途中で放り投げるぐらいだったら、最初から金をかけなければよかったのに。 

○マイナンバーの大義名分にメタボ健診も入っていたが
 これでデタラメだったという事が分かる。

○個人情報は集める気満々だけど検証する気は全くなかったみたいだな。

○ 厚労省にデータ持たせちゃダメなんじゃない?

○データベース化する気があるとは知らなかった。
 あんなやり方でできるわけないでしょう
 って受診している立場としては思いますが...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康